TOPICS

Milano moves to 2021

ミラノサローネ─未来への延期 後編
2020.04.01 キッチンジャーナリスト 本間美紀

[2020年3月27日発表のプレスリリースより]

Salone del Mobile. Milano/ミラノサローネ国際家具見本市 (以下、ミラノサローネ2020年に予定されていた開催が、2021413()18()へ延期されることが決定しました。2月25日に4月から6月への延期を発表し、6月開催に向け最後まで実現を模索しましたが、状況が一変し先行きが不透明になり、世界的な緊急事態が長引く中、ミラノサローネの主催者として止むを得ない決断となりました。

2021はミラノサローネの60周年でもあり、業界全体にとって特別開催年となります。従来の隔年開催見本市初めて同時開催されます。毎年開催のサローネ国際家具見本市、ワークプレイス3.0、サローネ国際インテリア小物見本市、S.Project、サローネサテリテに加え、2021年開催予定のエウロルーチェはもちろん、エウロクチーナ/ FTK、サローネ国際バスルーム見本市も全てが一堂に会します。業界全ての企業、ミラノサローネと相乗的に機能するサプライチェーン全体、そしてミラノの街が再起動する機会となる1度限りの一大イベントを開催します。

 

●関連のメーカーや企業、デザイナー、建築家に読んでほしいトレンド記事

時間ができた今、さまざまな情報を知り、考えるチャンスです。ここにはぜひ、デザインのプロの皆さんに読んでほしい記事を集めました。この数年の世界のデザインの「文脈」を理解する一つのリソースとしていただけたら幸いです。

【2020年アンビエンテーこれからはサスティナブル・プロダクツ】

【2020年ハイムテキスタイルー考えてみたいマテリアルデザイン】

【2019年ミラノサローネー行政と連携して業界の地位をあげる】

【2019年ミラノサローネー海外デザイン市場内の日本企業のありかた】

【2019年ミラノサローネージェネリックデザインとAI】

 

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「人生を変えるINTERIORKITCHEN」「リアルキッチン&インテリア」(小学館)「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)

ミラノサローネ国際家具見本市 新日程2021年4月13日〜18日
情報提供=ミラノサローネ事務局

PREV 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP