[PR] [PR]
Special Issue

Life with SieMatic 03

アシンメトリーでスクエア
2022.01.05 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●理想の色とマテリアル

さらに良かったのは、モダンなフォルムや無機質なカラーの種類。「グレーの無機質な感じが好きだったので、扉はグラファイトグレーをベースに、ダイニング側はステンレススチールマットを組み合わせました。金属色も独特の深みを持つのが、ジーマティックのキッチンです。扉を開けるとこんなに収納が充実しています」。

「キッチンにデザインやブランドがあるなんて知らなかったんです。キッチンも日本のブランドと海外のブランドは、意識しているところが違うんだなと思いました。ジーマティックの『アーバン』は、とてもカッコよくて仕立てもいいのですが、日常になじむカジュアルさも感じました」。


パーツや素材の仕立ての良さも気に入ったそうです。ワークトップの素材は「バサルティーナ」いう石で、「コーティング加工をしているので汚れにくく、お手入れは拭くだけなので扱いやすい」とめぐみさん。

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP