[PR] [PR]
Special Issue

Life with SieMatic 03

アシンメトリーでスクエア
2022.01.05 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ぴったりとはまった「アーバン」

キッチンをいろいろと調べるうちに、東京のジーマティック青山を知り、ふらっと入ったといいます。1階はクラシックやエレガントなモデルが並んでいましたが、2階にあがると「アーバン」の展示がありました。「これだ!」ときよのぶさんの心が決まったそうです。

そのコンセプトは都心で働く若い家族が、ハーブやインドアグリーンを身近に感じられたり、友だちと集まったりできるようにというコンセプトから開発されたモデルです。

そのためハーブポットを置けるボックスや、引き出しを開けなくても中のものが見える「オープンシェルフキャビネット」などが特徴です。

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP