TOPICS

Mauviel for gastronomy

一流品プレゼント第4弾はフランス美食鍋
2016.11.15 本間美紀

●本社訪問取材でわかるーモヴィエルを持つ喜び

フランスのモヴィエルの本社工房に行ってきましたが、その時の様子、こちらでレポートしています。こちらを読めば、モヴィエルを手に入れる喜びが感じられると思いますよ。

本当に全てが手づくり!モヴィエルの工場を訪ねて

モヴィエルの現社長は3代目のヴァレリー・ギルバートさん。ちょっとトラッドすぎるようにも思えるモヴィエルの鍋について聞いてみると。。。「商品が変わらないから、今も昔の道具や機械が使えるんです。インダストリー(工場)じゃなくて、あくまでもファブリカン(工房)なんですよ」

モヴィエル3代目のヴァレリー・ギルバートさん。リアルキッチン&インテリアの大ファンだで、このプレゼントも実現しました。

フランス料理の料理法の多様で奥深い、そのシェフの口うるさい要望に答えてきたのも「工房だから」なのです。ポテトを蒸す、タルトタタンを作る、ポタージュを作る、クレープを焼く、、、料理の数だけ道具がある。そんなガストロノミーの中で、料理人に鍛えられてきたのが、モヴィエルなのです
history

きっとうるさ型のシェフが多くて、形もいろいろ改良されてきたのではないかしら。職人が工房にて、すぐに相談できる。それがさっきの「ファブリカンの良さ」、とヴァレリーさんは言います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
例えばこれ、ポワソニエ(魚料理人)のための、アンコウ料理用の鍋なんですって。全て特注品。

モヴィエルの記事はこちらでも読めます。
ガストロノミーのための鍋「モヴィエル

DSC_9902

あなたの一生のパートナーとしてのモヴィエルを、ぜひ手に入れてくださいね。応募方法は次のページで紹介します。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP