[PR] [PR]
Special Issue

MAUVIEL FOR GASTRONOMY 01

ガストロノミーから生まれた鍋【前編】
2016.03.16 本間美紀

生活雑貨ショーアンビエンテのレポートが続きます

美食家のための鍋

お鍋やキッチンの取材をたくさんしてきましたが、私にまったく欠けていた視点がありました。それは「ガストロノミー」という視点です。フランス・モヴィエルの鍋は、私にそれを気づかせてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モヴィエルの原点は銅のお鍋なのですが、フランスのノルマンディー地方に1830年に創業しました。その街はもともと教会の銅鐘を作る技術があり、ミュージアムもあるほど。酪農とリンゴ生産も盛んで、食材を買い付けに来る製菓職人から、「鐘がつくれるなら、鍋を作ってくれないか」、と頼まれたのが創業の由来だそうです。

_37K6391 のコピー
M’heritage150 ソースパン 12cm 22,000円 14cm 27,000円 16cm 33,000円 18cm 38,000円(税抜)

なぜ製菓職人に銅が愛されるかというと、熱を敏感に伝えるから。火にかければ鍋底はすぐに熱くなり、砂糖がスーッと溶けてカラメル状になる。バターが香りを失わずに溶ける。果物をゆっくりじっくり煮あげる。さっと鍋をあげると、熱はすぐに引いて、余分な加熱がされない。職人が思った通りに熱を扱えるからです。

DSC_6715

現在のモヴィエルの鍋はステンレスと銅を重ねたタイプやオールステンレスもあり、現代の暮らしで使いやすいように商品の幅を広げているが、銅の鍋の、料理に対する繊細さが、ものづくりのベースにあります。

AMBIANCE M COOK

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP