[PR] [PR]
Special Issue

Sink style kitchen

キッチンがそのまま調理道具に
2017.02.03

●心地よい生活道具としてのシンク

シンクスタイルキッチンは、料理道具の延長となり、後片付けも楽にしてくれます。機械仕掛けでもなく、凝った形でもない。そこにあるのは質の良いステンレスで、プレーンでシンプルに作られたシンクパーツたち。心地よい生活道具です。紹介したのはあくまでも使い方の提案の一部で、使う人の感性でいろんな使いかたができそうなのが良いのです。

・シンクの上まで調理スペースとして使える

キッチンの広さに限りがあるリフォームでも、シンクの上が使えることで調理スペースを広げられます。

・ボウルやバッドなどの調理道具が減らせる

オプションのシンクパーツの選び方で、調理道具が減らせます。本体はオーダーキッチンなので、シンクパーツをしまう場所もオリジナルで作ってもらうことができます。

水切りパレット、プレート、バット、穴あきプレート、アンダープレート、洗剤BOX、バスケット、ステンレストレー、ステアズなど13種類を自由に組み合わせられる。価格はシンク本体+オプション価格になるので、予算の最初から考えておきましょう。

・全体はオーダースタイルで、好きな素材やデザインにできる

シンクは機能的でもキッチンがインテリアに馴染まないデザイン、、、では納得いきませんね。その心配はありません。ファミリーベはオールオーダーメイド。木やホワイト、オールステンレス、テーブルスタイルなど、自由に依頼できます。キッチンの形や大きさも決められます。自宅料理教室のためのキッチンや、シンクを2つつけたいなどの相談もOKです。

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON V 発売中

定価1,620円(税別)

FOLLOW US
TOP