[PR] [PR]
Special Issue

ZWILLING J.A. HENKCKELS

フライパンは「4つ持ち」の時代に? 
2016.03.05 本間美紀

ドイツの生活雑貨ショー・アンビエンテのレポートです。

●包丁だけではないツヴィリイング

今日のテーマは直球の「フライパン」。自宅ではどんなものをお使いですか? ノンスティック? 鉄のフライパン? 今回のドイツ取材で、フライパンは「最低2つを使い分ける、理想は4つ持ち」という面白い話を聞いたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その話をしてくれたのはツヴィリング・ヘンケルス。日本では包丁があまりにも有名すぎますが、全体はストゥブなどお鍋のブランドを抱える国際的なグループなのです。

2016 Ambiente

アンビエンテの会場ではツヴィリングの包丁を使って、ストゥブのお鍋で料理、、、なんていうクロスブランドなプレゼンテーションが行われています。ちなみにツヴィリング(ドイツ)は刃物、ステンレスのお鍋。ストゥブ(フランス)は鋳物鍋やキャストパン、耐熱陶器など。他にデメイエレ(ベルギー)など、とても国際的なラインナップ。

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP