Collumn

Days & Stories

白い紙に向かう
2022.03.14 キッチンジャーナリスト 本間美紀

[本間美紀のコラム 2022/03/14]

●白い紙に向かう

ずいぶん前に空間デザイナーの長谷川喜美さんを取材した時のこと、長谷川さんはこんな話をされていた。

大きな企画を受けた時は、しばらく他の仕事をしながら頭のどこかで考えている。
そうすると何かが積み上がってくる。
しばらくすると「その時」がわかるのだそうだ。

長谷川さんはそれに備えて試合前のアスリートのように数日前から、体調を整え、気持ちを集中させていく。
そしてある日、えいっと手を動かして、ラフや言葉でイメージをかたちにしていく。自分の中にあるものをぐんぐんと押し出してゆくのだという。

まさに「表現」とはこういうことなのだろうと思う。

そんな長谷川さんには及ばないけれど、時々、真っ白な紙に向かいたくなる。シンプルで余計なものがなくて、ただ私を出迎えてくれる紙がないだろうか。

そんなことを朝目覚めたときに思ったら、その日の夕方、普段はめったに行かない百貨店の催事場で、その紙に出会った。見た瞬間にこれだと思い、迷わずに購入した。

A4サイズのペーパーパッド。すべすべとした用紙の手触り。ピリッと切れる心地よさ。どこか相性が合う。

調べてみると、1938年創業。カタログなどの製本を手掛けてきた製本会社がつくっているペーパーパッドなのだという。製本会社は本づくりの中でも、とても大切な役割を果たしている。本との不思議なつながりを感じた。

さあここに何を書こうか。迷うことなく書いていこうと思う白い紙。

コラム=本間美紀

伊藤バインダリー
長谷川喜美さんとアムスタイルキッチンの記事「キッチンをめぐる少し未来のお話」

●前回のコラム「田村さんのリビング」はこちら
●次回のコラム「ドイツのお鍋」はこちら

Recommend

TOP