[PR] [PR]
Special Issue

The order kitchen04

HOMECHEF
2020.05.01 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●セミプロ向けのキッチンもつくります!

─「HOMECHEF」はこれから、どんな可能性を考えていますか?

「家庭用はもちろんなんですが、セミプロユースも強めていきたいですね。カフェを併設した住宅や自宅で料理教室やパン工房を営みたい方、シェアオフィスやシェアハウスの共有キッチン、民泊やドミトリー型宿泊施設のキッチン、フードスタイリストやケータリングユニットの方のアトリエキッチン、インテリアショップやライフスタイルショップの実演キッチンなど、インテリアや家庭用の感覚を備えながらも、業務用としての機能性、衛生性などの条件を満たさなければいけない……、そんな時はHOMECHEFにご相談いただければと思います」

─おしゃれな会社の社食キッチンなども良さそうですね。

「社員で料理する、なんていう機会も増えています。衛生管理などの面でもアドバイスができますので、プロのレストランのハード面も知った当社の知恵をご活用いただきたいです。輸入食材を扱う大手流通会社から、コラボキッチンのお話をいただくなど、幅は広がっています」

─この他にも北沢産業が厨房機器の会社だということで、オーダーキッチンにはどんなことが期待できますか?

「みなさんが大好きな、プロ用の料理道具をキッチンプランと同時に計画して、ご一緒に購入できますよ。うちは商社ですから『厨房道具プラス』というサービスも行なっています。万十、製菓の焼き型やトンボラック、そば鉢、大きなまな板など、合羽橋(東京のプロの調理道具専門街)で探すような本格的な調理道具のカタログを常備して、一般の人では買うことができない業者の厨房道具を取り寄せできます」

─それは面白いですね!プロの厨房道具って見ているだけでワクワクしますよね。そういえばショールームもインテリア風のあしらいはなくて、全部プロの料理道具でスタイリングしてありますね。そっけないようですが、とてもかっこいいし、本質的なものが見えてくるような気がします。

─HOMECHEFのスタッフはどんな方なんでしょうか?

「女性陣は物腰柔らか、男性スタッフは物知りですがとてもシャイです。でも社長や営業に美味しい店をきいたら、いくらでも教えてくれますよ。何しろ厨房から入り込んでいますから。食いしん坊がそろっています。だからとにかく料理好きの人に来て欲しいです!北沢オリジナルの美味しいコーヒーを用意してお待ちしています!」

PREV NEXT 1 2 3 4 5 6 7 8

Recommend

TOP