[PR] [PR]
Special Issue

Linea Tarala

01 リネアタラーラ
2019.04.08 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●リネアタラーラへ7つの質問

1)どんな依頼が得意ですか?

「ショールームを訪ねられた方にシャープで男性的なキッチンですね、と良く言われます。一方でナラやタモなど木を使ったキッチンなど、工場にツキ板を張る専門部門があるので、自然素材を柔らかく美しく仕上げることもできます。最終的に現場が求める空気にあわせて、ニュアンスを変えた仕上げが得意ですね」

2)オーダーキッチンの予算はどう考えればいいですか?

「およそ建築費(土地代は除く)の5%くらいがバランスが良いと思います。当社の平均価格帯はキッチン・食器棚含めて約500万円くらいからです

3)依頼の多い地域はどこになりますか?

「東京都23区の中でもショールームのある世田谷区が多く、他には渋谷、港、目黒。地方では軽井沢、大阪、神戸が増えています」

4)初回の打ち合わせではどんなお話をしますか? 時間は?

「図面があればよいですが、お気に入りのインテリア雑誌やカタログなどのスクラップなどの情報と、食へのこだわりやキッチンへの熱い想いをお伝えください。まだ何も決まってなく、ショールームで雰囲気を感じていただくなら1時間強、具体的な図面がありましたら3時間くらい、皆さん時間をかけられます。少人数でやっておりますので、ご予約をお願いします」

5)主な取引先はどんなところがありますか?

「アーネストホーム、水澤工務店、佐藤秀などの高級注文住宅。ハウスメーカーでは住友林業、ミサワホームさん。テラジマアーキクツやアトリエ建築事務所のバケラッタ、APPOLL、NAPさんです。施工会社が決まっていない場合でも、キッチンの打ち合わせをしながら施工会社を選定してはいかがでしょうか? 当社が信頼している施工会社も紹介しております」

(回答/門田克己

【本間美紀がリネアタラーラのポイントをまとめると】

1 質の高いアトリエ系建築家や高級注文住宅の仕事が多い
2 スタッフ全員が料理とデザインの感覚を磨くことに努力を続けている
3 サロンのようなショールームでのゆったりとしたコンサルティング

ザ・オーダーキッチンとは こちらをお読みください

 

取材・文 本間美紀/早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

THE ORDER KITCHEN 01
【リネアタラーラ LineaTalara】
ショールーム:東京都世田谷区用賀3丁目12番19号 マドビル3F
TEL:03-3708-8555
www.linea-talara.com
営業時間:平日 10:00~19:00、土曜日 予約制
定休日:日曜・祭日
訪問時は必ず事前に予約をお願いします。「リアルキッチン&インテリア」を見てと予約に一言添えていただくとスムーズです。

Photo=Yukinori Okaramura, Miyuki Kaneko

PREV 1 2 3 4 5 6 7

Recommend

TOP