KITCHEN

INTERIOR KITCHEN24

朝の光に溶ける白[前編]
2020.06.16 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●一か所で完結する使い勝手

──キッチンはどんなふうに使っていますか?

「コーヒーやパンの食事、和食、それぞれの用途に合わせて、収納は縦の方向にひとつの動作をまとめました。たとえばコーヒーや紅茶も豆や茶葉で淹れ分けますので、各種のマシンやポット、カップ類、モーニングプレートなど朝食動線。パンを焼くトースターもすぐそばに入っています。どこに何が何のために入っているか、家族全員がわかっているからチームプレーのように支度ができます」

──流れるような動線が想像できます。

テーブルと食卓の距離が近いオープンキッチンでは、大きな海外製の食器洗い機は絶対に必要だったもの。料理中に出た洗いものはすぐに入れてしまいます。「洗いものは大きな食器洗い機にどんどん入れます。洗い終わったものはアイランドに出して、ほとんど動かずに元の位置に戻せます」

「茶道というのは、何が起こるか、その先を考えてひとつひとつの動作や道具の意味があります。無駄を省いて、本来の目的に達します」と話すかこさんのキッチンは、そんな茶道の心が行き渡ったものだと感じました

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP