KITCHEN

ISH2019 starts!

ドイツでバスルームの見本市
2019.03.08 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●日本企業も技術で活躍

家の中の大きなエネルギーを消費するのが給湯給水、空調設備。ISHはこの問題を環境的に解決する情報を発信することを大きな使命としています。今後、人口が多くエネルギーの商品が増える中国やインドから来場者が多いのも特徴です。

そんな中、日本企業のTOTOはヨーロッパTOTOとして出展。今年で6回目になり、実は長年のISHウォッチャーとしては、会場で存在感を増している企業の一つです。

日本ではおなじみのウォシュレットはヨーロッパでも高い評価!さらに汚れを浮かせる。滑らせるなどのTOTOらしい技術でメンテナンスの手間を省いた製品で「毎日の暮らしを豊かにする清潔性」を提案するそうで、これは綺麗好き、掃除好きのドイツ人からの評価も気になりますね。

浴槽の初展示や、日本のTOTOとは印象の異なるデザインやカラーの製品が登場するなど、TOTO製品はヨーロッパでえらびたいわ!と思ってしまうような製品が並びそうです。同社の技術は日本では国民的な信頼がありますからね。TOTOは2008年から欧州の事業に本格的に参入し、じわじわとホテルや家庭でのシェアを伸ばしています。

ISHの詳しいレポートは3月下旬からの掲載を予定しています。来場できない方にもこれからの水回りのニュースをお届けします。

 

前回2017年のISHレポートはこちらの一覧からどうぞ

 

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

 

[出展視察のお問い合わせ]
ISH2019(バス・トイレ・冷暖房空調・再生可能エネルギー関連見本市)
メッセフランクフルト ジャパン(株) 海外見本市チーム 
東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館7F
Tel. 03-3262-8444  
E-mail info@overseas-fairs.com 

PREV 1 2 3 4

Recommend

TOP