[PR] [PR]
Special Issue

KONARAHOUSE

05 コナラハウス
2021.03.10 キッチンジャーナリスト 本間美紀

【THE ORDER KITCHEN05  / KONARAHOUSE】

「ザ・オーダーキッチン」の5回目は、湘南の森から、知る人ぞ知るKONARAHOUSE登場! 仕事の質と志の高さから、リアルキッチン&インテリアに今回、衝撃的なデビューをしていただきます。「KONARAHOUSE」はコナラハウスと読みます。ブランドは2010年創業。カスタムキャビネトリーという考え方を提案するクチュリエユニットです。(インタビュー/本間美紀)

茅ケ崎駅から車で約30分。小さな森の中に、昔アメリカ映画で見たような北米スタイルの家が建っています。
「湘南までようこそいらっしゃいました!」笑顔で現れたのが社長の小形究(きわむ)さん美栄子さん夫婦です。

ショールームは一軒家のスタイル。リビングの暖炉に火を入れて、インタビューはリラックスした雰囲気で始まりました。

家一軒を建てられるビルダーとして、家と一緒に家具、キッチン、ドア、窓などを仕上げていくのがKONARAHOUSEのスタイルです。実は数年前まで家族でここに住みながら、モデルハウスとして案内していたそうです。

─KONARAHOUSEを一言で表すと、どんな風に言えるでしょうか?

「KONARAHOUSEで提案しているものは、キッチンだけではないカスタムキャビネトリーという考え方です。家具と家が一体になったようなオーダーメイドスタイルで住み手の暮らし方にあった家を誂えています」

「2019年からはKHCC( Konara House  Custom Cabinetry)というブランドを立ち上げ、明確なジャンルとしてカタログやホームページで提案しています」

「朝採れの野菜がたくさん届いて」と美栄子さんがランチをふるまってくれました。

「カスタムキャビネトリー」って何? 聞いた瞬間、どきりとするこのキーワードを読み解くのが、KONARAHOUSEという会社に住まいをまかせる意味があるような気がしました。小形さんに具体的に聞いてみましょう。

NEXT 1 2 3 4 5 6 7 8 9

Recommend

TOP