KITCHEN

INTERIOR KITCHEN33

イタリア・ミラネーゼのキッチン
2020.09.07 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ワーキングペアレンツの食卓を助ける

「朝食はキッチンで子どもたちと会話をしながら食べます。冷蔵庫から美味しい食材を出して、食後は食器洗い機に入れるだけ。動線がスムーズなので、忙しくてもきれいにしておけます。家族、仕事の両立には調和が必要です。家をリノベーションしてからストレスが減りました」と微笑みます。

けれども自分らしさや居心地の良さも二人は忘れていません。お気に入りの家具が家中に散りばめられています。

「廊下には1991年にデザインされたモルテーニ社の収納家具「ピロスカフォ」をしつらえました。フレームは白、収納の中は木目にして、中の食器をを引き立てる色を選んでいます。クラシック建築の中に食器を収めたような、美しい景色を見せてくれます」(ジュリアさん)。

来客を招くフォーマルダイニングはみんなで囲めるラウンドテーブルで。建築家ノーマン・フォスターの彫刻的なデザインです。ガラスの天板も限られた空間で圧迫感がありません。背後に見えるキャビネットは、ミラノを代表する建築家ジオ・ポンティによるものです。

キッチンは家具の一部。インテリアキッチンという言葉を、ジュリアさんの住まいは見事に体現しています。

以上「人生を変えるインテリアキッチン」(著:本間美紀/小学館)より。

写真:木村金太

単行本『人生を変えるINTERIOR KITCHEN』(小学館)

定価本体1600円+税 B5判/144ページ
著/本間美紀

ためし読みはこちら
書店・ネット書店でのご購入はこちら
(好評につきamazonでは品薄になることもございます。上記リンクにあるそれ以外の書店・ネット書店でお買い求めください)。


本間美紀 
Miki HommaJournalist

早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「人生を変えるインテリアキッチン」(小学館)、「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

ダーダに関する記事はこちらからも読めます。

ダーダ東京オープン
ダーダイタリア本社訪問レポート
ダーダをインテリアキッチンに(ミラノ事例取材)

記事に登場のキッチン:Dada(ダーダ)/イタリア 販売元=ダーダ東京

REALKITCHEN&INTERIOR
キッチン&インテリアのジャーナリスト本間美紀が監修、編集執筆するテーマムック。年に1冊のペースで2019年までにSeason8を刊行。憧れキッチンはインテリアから考える─をテーマに、これまでの日本のキッチンの常識を変える考え方やキッチン実例を紹介しています。

※掲載写真の一部はウェブ用に再セレクトし、理解しやすさを優先して編集しています。実際の単行本とは違う場合があります。ご了解ください。

「人生を変えるINTERIOR KITCHEN」
定価:本体1600円+税
発売日:2019/6/27
判型/頁:B5判/144頁
ISBN :9784093108942
発行:小学館

PREV 1 2

Recommend

TOP