TABLE & TOOLS

LE CRUISET MORE

2つ目のル・クルーゼ 
2016.05.19 本間美紀

フランスの鋳物鍋「ル・クルーゼ」と言えば、日本で長くヒットしているもの。
「重くて、大きくて、、値段も高い」。それまで日本で良しとされていた「安くて軽い鍋」の常識を覆して
大人気になったのですね。で、本当にいま取材に行くと、どの家にも「マイ・ファースト・ルクルーゼ」があります。その一つ目のルクルーゼがそろそろ傷んできた。2つ目を買おうかどうか迷っている。
大きくて、重くて、値段もそれなり。置く場所もないし。

●キッチンの新しい存在、グリルパン

意外と使えるのが、このグリル・ロンドです。私も持っていますが、使うときはガスコンロの上に出しっぱなしで、魚焼きグリル感覚で使っています。お肉や野菜をじわじわ伝わる熱で炙るもよし。意外とすぐに火が通りますよ。

main

sub10
新色のデューン グリルロンド&トングセット 18000円(直径25㎝)

このようにルクルーゼ鍋の蓋で、ぎゅーーーーつと押し付けて、グリルサンドも作れます。

sub3

色やデザインのお好みで選ぶといいですね。蓋を使うと、グリルした野菜を蒸して仕上げるグリル&スチーム料理もできます。フライパンでもない、鍋でもない、新しい存在の鍋として「グリルパン」はおすすめですよ。

sub4

NEXT 1 2 3

Recommend

TOP