KITCHEN

Kitchen in U.S.A report

アメリカのキッチンの今って?!
2018.02.13 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●リモデルは人生の喜び

アメリカではリモデル市場が新築をしのぐ8割だそうで、家を建てる人、リノベーションを考えている人をホームオーナーと呼びます。そんな彼らの改装を手伝うのがホームアドバイザーと呼ばれるプロたち。壁紙や塗装、家具を考えるデコレーター、工事をするカーペンター、キッチンを計画するキッチンデザイナー。これらはみんなホームアドバイザーです。

ホームオーナーはキッチンキャビネット、シンク、水栓を選び、ホームアドバイザーに工事やプランを依頼します。

日本の工務店とキッチンを作るように、地元の大工さんにカスタムメイドのキッチンキャビネットを作ってもらい、そこに好きなカウンター材やシンク、水栓を組みあ合わせるのが一般的ですので、アメリカのキッチンビジネス界では熟練した技術を持つ人材育成が急務となっています。そのためこの見本市ではテレビ番組とタイアップしたり、広く家づくりやキッチンの職能を持つ人たちの価値を伝えていたのも印象的でした。

「This old house」という家づくり番組は、職人になる素晴らしさを全米に伝える長寿番組。KBISはこの番組とタイアップして、職人を表彰するなど次世代の育成に力を注いでいます。
PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP