[PR] [PR]
Special Issue

DADA、Who are you?

ダーダという名のイタリアキッチン
2019.01.15 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●東京ショールームでダーダの哲学を体感

そんなダーダのキッチンを日本でも実際に見て手に入れることができるようになりました。2018年12月17日にオープンしたダーダ東京では、空間の中のキッチン美学や、縦ライン+横ラインを組み合わせる独自の収納など、私がイタリアで体験してきた哲学がそのまま体験できます。約100坪の空間に6セット、展示されています。

もちろん水平、垂直の美学も随所でみることができます!

アイランドとは違う発想の、通路の動線にそったキッチンプランも建築のように端正です。

芸術品のようなディテールを持つ収納パーツ。


さあ最後に、このキッチンブランドはなぜダーダというのでしょう? ダダイズムのダダ、フランス語で木馬のおもちゃをダーダという、モロッコの伝統的な格式の高い家庭の料理人のことをダダという、など。諸説あるのですが、実は本当のところは今はもう誰も知らないのですって!

ダーダ。意味を持たない音。何ものをも特定しない言葉。だからこそ、ダーダという響きに自由で公平な印象を持つのは私だけでしょうか?

東京ショールームの記事はこちらで読めます。

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

photo=岡村享則、木村金太

DADA TOKYO (ダーダ東京)
東京都港区南青山6-4-6 almost blue A棟 地下1階
TEL:03-3400-3327(完全予約制)
www.moltenigroup.com

PREV 1 2 3 4 5 6 7

Recommend

TOP