[PR] [PR]
Special Issue

Visiting Valcucine

知恵あるキッチン バルクッチーネ
2018.08.20 キッチンジャーナリスト本間美紀

●バルクッチーネの本社を訪ねて

バルクッチーネの本社はイタリア北東部のポルデノーネにあります。家具の産地のウーディネなどと近く、家具メーカーとキッチンメーカーが集まる地域でもあります。本社の建築はステンレスを多用した革新的な外観です。社屋の周りには地元の木が植えられ、建築に風景や光が映りこみ、モダンでありながら自然と調和するように考えられています。

ここに営業やデザイン開発、工場と本社ショールームが集り、世界中へキッチンが出荷されていきます。敷地面積は33000㎡。

渓谷(バル)のキッチン(クチーナ)と名付けられたキッチンは1980年、デザイン、経営、製造など得意分野の違う4人の創業者によってスタートしました。イタリア家具やキッチンの中では比較的若い会社と言えます。従業員は200名、世界55カ国にフラッグシップストアを持ちます。

本社ショールーム内。カラーガラスのワークトップと無垢材を組み合わせたキッチン。自然の素材の力をあわせるという考え方。
奥の白い壁は照明になっていて、手元を明るく照らしてくれます。
PREV NEXT 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP