KITCHEN

INTERIOR KITCHEN 22

キッチンに光が流れる[前編]
2020.06.08 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●インテリアからキッチンをイメージして

──キッチンやインテリアはなにから考え始めたのですか?

「初めに浮かんだイメージはインテリアのほうだったんです。夫と息子と一緒に家具や照明を選ぶ時間が楽しかったです。ダイニングテーブルはイタリアのジェルバゾーニ社の〝グレイ〞というもので、見た瞬間に、みんながこれだ! って心が決まって。家族のテーブルになりました」

──ふくらみのある独特のレッグに、チェアは編み込みのような素材。大胆な組み合わせですね。

「チェアはオランダ・モーイ社の〝カーボンチェア〞で、カーボンファイバー製で2キロもないふんわりと軽い椅子なんです。だから取り回しも楽です。ソファはE&Yの〝ホックニー〞。深みのあるパープルの張り地は、床材の質感や照明の当たり方にも似合っています」

長くキッチンの取材をしていて、キッチンの素材合わせについて、楽しそうに語ってくれたのは雅枝さんが初めてだったかもしれません。キッチンや住まいの素材や色は本当に毎日の暮らしの景色にとって大切な部分――それを改めて彼女の言葉で確信しました。

家の裏に小さな家庭菜園を育てている。サラダリーフやハーブはそこから摘んで、いつでも新鮮な食卓に。「毎日、しっかり食事をつくっています」と雅枝さん。

そんなキッチンに、庭からの穏やかな光が流れ込んでいます。

後編に続きます!

 

 

以上「人生を変えるインテリアキッチン」(著:本間美紀/小学館)より。

写真:金子美由紀

単行本『人生を変えるINTERIOR KITCHEN』(小学館)

定価本体1600円+税 B5判/144ページ
著/本間美紀

ためし読みはこちら
書店・ネット書店でのご購入はこちら
(好評につきamazonでは品薄になることもございます。上記リンクにあるそれ以外の書店・ネット書店でお買い求めください)。

 


本間美紀 
Miki HommaJournalist

早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「人生を変えるインテリアキッチン」(小学館)、「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

単行本『人生を変えるINTERIOR KITCHEN』(小学館)

定価本体1600円+税 B5判/144ページ

著/本間美紀

ためし読みはこちら
書店・ネット書店でのご購入はこちら

(好評につきamazonでは品薄が続いております。上記リンクにあるそれ以外の書店・ネット書店でお買い求めください)。

 

記事に登場のキッチン:bulthaup(ブルトハウプ)/ドイツ キッチンプランと施工=クライス&カンパニー
IH クッキングヒーターとオープングリル、ガスコンロ:Gaggenau(ガゲナウ)/ドイツ 販売元=N.tec
食器洗い機:Miele(ミーレ)/ドイツ 販売元=ミーレ・ジャパン
水栓金具:Dornbraght(ドンブラハ)/ドイツ 販売元=リラインス
ダイニングテーブル:Gervasoni(ジェルバゾーニ)/イタリア 販売元=ジェルバゾーニジャパン
ダイニングチェア:moooi(モーイ)/オランダ 販売元=トーヨーキッチン &スタイル(モーイ総輸入元)
ソファ:E&Y

ドイツ・ブルトハウプキッチンについての記事はこちらでも読めます。
「ブルトハウプと料理のプロが考える未来」

住宅設計=S.O.Y. 建築環境研究所 山中祐一郎

 

REALKITCHEN&INTERIOR

キッチン&インテリアのジャーナリスト本間美紀が監修、編集執筆するテーマムック。年に1冊のペースで2019年までにSeason8を刊行。憧れキッチンはインテリアから考える─をテーマに、これまでの日本のキッチンの常識を変える考え方やキッチン実例を紹介しています。

※掲載写真の一部はウェブ用に再セレクトし、理解しやすさを優先して編集しています。実際の単行本とは違う場合があります。ご了解ください。

「人生を変えるINTERIOR KITCHEN」
定価:本体1600円+税
発売日:2019/6/27
判型/頁:B5判/144頁
ISBN :9784093108942
発行:小学館

PREV 1 2 3 4

Recommend

TOP