KITCHEN

INTERIOR KITCHEN 22

キッチンに光が流れる[前編]
2020.06.08 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●正方形のコンパクトなアイランド

──正方形のアイランドはありそうで、意外とないですね。

「アイランドは両面が収納になっているので、お皿が取り出しやすいです。淡いブラウンのクォーツストーンのワークトップにお皿を出すと、料理の色が映えます。花やオブジェを飾ろうか、料理以外の発想も湧いてきます」

──キッチン扉のグレーがかったベージュの色もとても素敵です。

「実は本間さんの本を読んで、キッチンには微妙な素材感があるんだと気づいたんですよ。特にヨーロッパのキッチンはそこが充実していました。中でもブルトハウプはごくシンプルな色のみが厳選されていました。グレイだけでも、シルバーグレイ、クレイグレイ、プラチナグレイ、エッグプラントという茄子紺がかったグレイまでありました」

ダイニングセットのグレーと黒が、空間を引き締めています。

深いグレイのテーブルにしてよかったことは、食器や食材が美しく映えること。益子など器を産地で探すことも多いそう。アスティエ・ド・ヴィレットやマティアス・カイザーの器も愛用している。

 

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP