KITCHEN

JAPANESE SYSTEM KITCHEN 02

国民的システムキッチン【後編】
2016.01.26 本間美紀

日本で「システムキッチン」と呼ばれているものは、いわゆる大手住宅設備キッチンメーカーのキッチンのことです。
日本のメーカーは同じような機能で競い合っています。国産のシステムキッチンも、どのメーカーも似たような機能ですが、
私から見るとやはり「得意分野」があります。詳しくは前編をお読みください。

・’3連IH’とクッキングコンセント

パナソニックは母体が家電メーカーだけあって、やはり電気製品の考え方がスマートに取り入れられていると思います。
同社オリジナルのIHクッキングヒーターは、加熱部が3つ並び、横に流れる動線で、調理がスマートに進みます。操作部分もカウンター下にあるので、見た目もスッキリとし、操作部に汚れもたまりません。
i_AC141AATSXR5-PA0010016

パナソニックのキッチンで採用できる3連IHクッキングヒーター

カウンターのふちにコンセントを取り付けられるも電材も充実した会社ならでは。ハンドミキサーやワッフルメーカーなどキッチンで使う調理家電の種類が増えた今、クッキングコンセントは必須の設備といえます。
AC141AATSXR5-PA0010010 のコピー

カウンターのふちにクッキングコンセントがついたキッチン

通常のオーダーなどではこれはちょっと難しい。工業化キッチンだからできる技術ですね。

NEXT 1 2 3

Recommend

TOP