INTERIOR

Our chair-HIROSHIMA

この椅子への想いを解く
2020.02.03 キッチンジャーナリスト 本間美紀

3 色と素材の組み合わせでこんなに変わる

家具全般にいえることですが、最近の家具の選び方はフォルムだけではなく、「色と素材の組み合わせ」が大きなポイントになっています。「HIROSHIMA」はビーチ材、オーク材、ウォルナット材があり、木目のままでも、ライトブラウンやクリア、マットな白や黒、ライトグレーなどニュートラルカラーで仕上げることができます。

木目の色味を整えたもの、木目を覆うように塗装したもの、自然のままのもの。同じ樹種でも3種類の表現から選ぶのです。同じ材でもこんなに違うのか、と木について思い返す瞬間です。

さらに座面の張り地で印象が変わります。フェルトのように目が積んだ生地、ざくっとした編み目のラフ感のある生地、端正な革張り、もちろん木の座面のままでも。

シンプルなフォルムだからこそ、色と素材の組み合わせが効いてきます。同じ椅子を家族で違う木、違う色にしても素敵ですね。

The Chair(椅子の中の椅子)の名を持つ名作椅子もありますが、「HIROSHIMA 」は私たちの椅子─Our chairと呼びたくなります。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP