Collumn
Days &Stories

美味しい色を食べる

2022.07.25 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●美しすぎるものは時に

こんなに混んでいるパーティは久しぶり、と思うほどの人混みの中に、誰も手をつけないチーズプレートを見つける。

ハードチーズのスライスを花びらのように並べて、ダイス型のブルーチーズが中央に盛られている。ボルドー色のドライフルーツやセピア色のケーパーチェリーがラフに散らしてあって、なかなか素敵。

みんなそう思うのだろう。それを崩すのが残念、というようにこのチーズプレートだけは、長い間、そのままのようだった。美しすぎるものは時に人を寄せ付けない何かがある。

そして自宅。頂き物の明太子をご飯で食べたのだが、ご飯に玄麦を混ぜて炊いてしまった。

明太子にはやっぱり真っ白なご飯が似合ったなあ、、、と自分の料理は少し後悔をしながら、いただくのである。

コラム=本間美紀(キッチン&インテリアジャーナリスト)
Text=Miki Homma(journalist)


●前回のコラム「先入観を超える」
はこちら
●次回のコラムはこちら

【本間美紀のコラム/バックナンバーはこちら】

 

PREV 1 2 3

Recommend

TOP