TOPICS

Movie for hint of interior design

アイリーン・グレイとコルビジェの映画
2017.10.15 キッチンジャーナリスト 本間美紀

【プロフィール】

ル・コルビュジエ(Le Corbusier 1887年10月6日 – 1965年8月27日)
1887 年、スイスのラ・ショー=ド=フォンに生まれる。本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ。時計の 文字盤職人の父とピアノ教師の母を持ち、幼い頃は自身も時計職人を目指していたが、美術学校在学時に建築へ の関心を芽生えさせる。1920 年代から建築家として本格的に活動を始める。機能主義を貫いた「近代建築の 5 原則」を掲げ、1965 年に<E.1027>を臨むカップ・マルタンで海水浴中に心臓発作で死去するまで、世界各地 に建築史に刻まれる建築作品を多数残す。代表的なものに<サヴォア邸><ユニテ・ダビダシオン><ロンシャ ンの礼拝堂>など。2016 年には、7 カ国の 17 作品が世界遺産に登録され、その中には日本の西洋国立美術館も 含まれている。今なお世界中で絶大な人気を誇る、不動の巨匠建築家である。

<日本で鑑賞できる代表的な作品>
■国立西洋美術館
フランス政府が日本を含む 7 か国と共同で推薦していた「ル・コルビュジエの建築作品(7か国 17 作品)」の1 作品として、「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」という名称で他の 16 作品とともに 一括して、 2016 年、文化遺産に登録された。日本で唯一、ル・コルビュジエが設計した建造物であり、その特 徴が良く表れている。インドの「サンスカル・ケンドラ美術館」と「チャンディガール美術館」とともに、「無 限に成長する美術館」というコンセプトのもとに作られている。

 

■東急シアターオーブ「ル・コルビュジェの緞帳」
旧東急文化会館(1956 年~2003 年)の映画館「渋谷パンテオン」に掛け られていた大緞帳はル・コルビュジェの原画をもとに建築家・坂倉準三が 設計を任された。当時のサイズは、縦 9 メートル 50 センチ、横 22 メー トル 80 センチ。現在、5 分の 1 サイズに縮小したものが、「東急シアター オーブ」(渋谷ヒカリエ 11 階)センターホワイエに設置されている。

アイリーン・グレイ(Eileen Gray 1878年8月9日 – 1976年10月31日)
1878 年、アイルランドのブラウンズウッドに生まれ、ロンドン、パリで美術を学ぶ。1910 年代初頭から様々な 工房でデザイナーとして活動を行う。当初はアール・デコだった作風は徐々に変化し、1919 年に帽子デザイナ ー、シュザンヌ・タルボットの依頼でパリのアパルトマンのトータル・インテリアを手がけた際には、モダンデ ザインの先駆けとなる作品が多く含まれていた。以降、インテリア・デザイナーとして高い注目を集め、1922 年に自身の店<ジャン・デゼール>をオープン。1926 年から<E.1027>の建築に取り掛かり、1919 年に完成。 1950 年頃から視力が悪化し、事実上の引退となる。1976 年、死去。飛行機好きとしても知られる活動的な女性 で、生涯に渡り自らのスタイルを貫き続けた、気高く勇敢な女性であった。

題名:『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』

10月14日(土)よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開

 © 2014 EG Film Productions / Saga Film © Julian Lennon 2014. All rights reserved.

 

 

『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』
10月14日(土)よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開

【監督・脚本】メアリー・マクガキアン【音楽】ブライアン・バーン 【撮影】ステファン・フォン・ビョルン 【美術】エマ・プッチ【出演】オーラ・ブラディ / ヴァンサン・ペレーズ / ドミニク・ピノン / アラニス・モリセット

2015年 / ベルギー・アイルランド / 英語 / 108分 / カラー / シネスコ / 5.1ch / 原題:THE PRICE OF DESIRE / 配給:トランスフォーマー / 提供:トランスフォーマー+シネマライズ後援:アイルランド大使館、ベルギー大使館、スイス大使館 協力:国立西洋美術館、hhstyle

PREV 1 2 3 4

Recommend

Theme Tag

Ranking

Notice Board

Book

REAL KICHEN&INTERIOR SEASON IX 発売中

定価 1760円(税込)

FOLLOW US
TOP