TOPICS

ambiente02

【トレンド】食生活とデザインの今とは?
2017.03.03 キッチンジャーナリスト 本間美紀

2 BBQの場所やタイミングが広がっている

これはとても欧米らしい文化ですね。日本ではアウトドア用品のジャンルになるBBQは、この地ではテーブルやキッチンの延長にあります。まず熱源の変化。IHクッキングヒーターなどで料理できる「チャコールレス」なBBQスタイル。家庭のキッチンのIHクッキングヒーターで使えるBBQ鍋も見つけました。

カッスル氏が特に今年、注目しているるのは、シュラスコスタイルの家庭版。ブラジルのシュラスコ用品大手メーカー・トラモンティーナは多くの人で賑わっていました。

赤身肉を串刺しにしてスライスし、岩塩とキャッサバの粉でいただきます。
肉を切るのに適したテーブルカトラリー。食器洗い機で洗える耐久性があるため、日本でもステーキチェーンで採用されているそうです。

またBBQするタイミングも、昼や夏ではなく、「ウィンターBBQと称して、雪の中でバーベキューをする家も増えているんですよ」とカッスル氏が教えてくれましたが、実は私も数年前、ドイツ人の友人の家で体験したことがありました。こんな風に、なかなか風情があります。

これに伴い、外で飲み物を飲むための屋外用ドリンクツールも充実しています。保温保冷は大切なテーマでスポーティなボトルタイプから、ガラスの2重中空のものなど、アウトドアでの食の用品は増えるばかりでした。

2017 Ambiente
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

英国の食器ブランド・ロイヤルドルトンも、グランピング風のアウトドアダイニングを模した展示に。世界的に流行する赤身肉やエイジングビーフを屋外で楽しむ、そんな提案が素敵でした。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP