TOPICS

POWER CLEARNER

ミーレの掃除機を使ってみよう!
2016.05.09 本間美紀

私はドイツ・ミーレのキャニスターと掃除機と、国産の掃除機2台使い分けてます。その体験レポートを書いてみたいと思います。使っているのはS4562というモデルで2010年に入手したものですので、現在のものとディテールは違うと思いますが、ミーレ製品は長く使えますので、大きな機能ではあまり差がないと思います。

●デザインの美しさ+強力な吸引力

20000113747-000-00_20000113747
この写真にその思想が出ているような気が、、、本体がとにかくハート(心臓部)なのです。

ミーレの掃除機はまず、デザインの美しさから入る人が多いでしょうが、この本体、日本製品と比べると重量感があります。使い始めた頃は慣れない重さに掃除が億劫になるほどでしたが、このパワーがドイツ製品というものです。正直、かなり吸います。心臓部でもあるセンター部分が強力な吸引力を持ち、掃除の目的別にいろんなアタッチメント(掃除機のヘッドのことですね)を使い分けるというのがミーレの掃除機の考え方。

ホースの途中に空気の抜け穴を開閉する部分があるのですが、これも「吸い込み力が強く、時々間違って吸ってしまったモノが離れなくなくなるので、その対策のため」というくらいです。ほら、クッションくらいなら楽々、吸って持ち上げられます。

IMG_2107

パイプ部の空気開放穴を調節すれば、ポトンと落ちます。

IMG_2109

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP