KITCHEN

INTERIOR KITCHEN15

穏やかに調和する場所[後編]
2020.05.18 キッチンジャーナリスト本間美紀

『REAL KITCHEN & INTERIOR』では、これまでにたくさんの実例を紹介してきました。単行本『人生を変えるINTERIOR  KITCHENはこれまでの取材を集大成した1冊。

家やキッチンの大切さについて考える人も多い今、連載形式でこの単行本の内容を本サイトにて無料公開いたします。その15回目。夢をかなえたインテリアキッチンのストーリーです。

My realkitchen03 : Peaceful place
Kaname’s kitchen

[前編・キッチン全体のストーリーはこちらから]

キッチンはアルミ材を電解着色したシルバーブラウンカラー。無垢の木のテーブルやステンドグラスとの素材のひびきあいを重視してキッチンの色と素材を決めてゆきました。

●大人数でも加熱調理がしやすい小さな工夫

加熱機器はワークトップの端や壁際に寄せるプランが一般的ですが、このキッチンではは中央にどーんと。

ドイツ・ガゲナウのハイカロリーバーナー、2口IHクッキングヒーター、バーベキューグリル。マルチクッキングシステムは、家族が集まる日に大活躍。それぞれの間に10cmの感覚を開けてプランしています。「わずか10cmですが、加熱部それぞれの両脇に調理スペースができて、大人数でもぶつからずに調理がしやすいと思います」とかなめさん。

NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP