[PR]
TABLE & TOOLS

BEST OF GERMAN JAG

[ストア購入可]ドイツの国民的ジャグ
2017.02.01 本間美紀

●「断熱」が私たちの食卓を広げてくれる

ことあるごとに飲み物を楽しんでいるドイツ人ですが、アンビエンテの会場で、アルフィ社の担当者による説明を聞いていると、何度も出てくるのは「インサレーション」(断熱)という言葉。冷たい、温かいとキープできることは、フレッシュ美味しさを保ち、時間やエネルギーを節約し、飲み物をいただく場所を限らない、素晴らしい機能なんだ、と説明してくれました。確かにそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドイツの主要百貨店では、こんな風に「アルフィコーナー」があるのは当たり前。

現地では0.6lなどの小さめタイプも発見。お茶の文化のある日本では「急須」感覚で使いやすそうです(現在日本では家庭用には販売していません)。ドイツの担当者曰く「小さいと温度を包む面積が小さく、保温機能が落ちやすいので、大きい方がオススメ」だそうですが、日本の食卓には小さいのも可愛いかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて、グッドデザインな魔法びんとして、価値を高めているアルフィですが、アンビエンテの会場ではこんな新作も。革カバーやスワロフスキー仕様です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
セレブなアルフィ? 革は某ブランドで使われるほど品質の高いものを使用しているそう。

また2重ガラスの保温性は冷たい飲み物にも応用できます。ドイツにはこんなガラスジャグもありました。よく見て、中がダブルウォールになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドイツの担当者と話していたのは、冷たい白ワインを入れて食卓に置いたら、色も綺麗だし、ずっと冷たいワインが楽しめますね、なんて。日本では未発売ですが、白ワイン好きの私としては待ち遠しい商品です。

alfi_flowMotion_0,5l_Weisswein_mit_Trauben
日本ではまだ発売されていないが、ワインが浮いているかのように見えて、冷たい状態が保たれるなんて、素敵すぎ。。。。
PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP