TABLE & TOOLS

Blue mist

ガムフラテージによる青い食器は
2019.03.05 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●淡いブルーのグラデーション

ガムフラテージが再解釈したロイヤルコペンハーゲンのブルーは、吹き付け技法によるブルーのグラデーションです。見覚えがありませんか?お馴染みのイヤープレートに多用されるにじんだような青がこの技法です。

プレートも中央に花が一輪あしらわれただけのシンプルなデザイン。従来のブルーフルーテッドとも合わせやすそうです。プレートは深皿から平皿まで5種類のサイズ展開。カップ&ソーサーはハンドルがなく日本茶にも似合いそうなデザインです。

全国発売は4月3日より。3月20日からロイヤルコペンハーゲン本店、オンラインショップ、新宿伊勢丹、うめだ阪急で先行発売されます。

カップアンドソーサー25,920円 プレート12,960円〜(いずれもペア)

プレスリリースより抜粋。

「ガムフラテージの二人が育ったデンマークとイタリアは共に海に恵まれた 国であり、遠く沖に釣りに出たエンリコの少年時代の思い出そのものを、そ してスティーネの大切な宝箱と同じ色を思わせるブルーを選び、その生み 出す様々な光と陰りから、大切な人と向かい合う親密なダイニングの空気 をつくりたいと考えたのです。深いネイビーを基調とした空間には、料理を 引き立たせる余白の白が、必要でした。ガムフラテージはエモーショナル なブルーグレーのクロスに溶け込む濃いブルーがじょじょに明るくなり、そ して白へと溶け込んでいくあわいを表現するため、ロイヤル コペンハーゲンが伝統的にイヤープレートに用いている、吹付技法を採用しました」

 

ロイヤルコペンハーゲン
TEL 0120-665-827
www.royalcopenhagen.jp

PREV 1 2

Recommend

TOP