[PR] [PR]
Special Issue

WOODONE – slow&sustainable

サステナブルウッドでリノベーションを
2021.07.27 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●無垢の木のよさを改めて考える

ウッドワンは特に無垢の木にこだわった内装、キッチンのブランドです。自社の森、4万ヘクタールをニュージーランドで育て、30年でひとまわりする循環サイクルを守っています。伐採後は土壌の力が回復してから植林。製材した木材は無垢材や集成材のほか、単板を重ねた積層材、木の薄片を活用した高強度のボードを製造し、無駄のないように使い尽くしています。

日本人は木が好きで長く共生してきましたが、その一方、現代生活ではさまざまな使いにくさが指摘されるのも確かです。でもそれは木が生きている素材であることを忘れてしまっているからではないでしょうか?

ウッドワンでは風合いを損なわない塗装を施し、水や油、調味料をこぼしても、サッと拭くだけでOK。でも決して木の呼吸は止めていないのです。だからいつも表面はヘルシーな状態。木にはわずかな孔があり、空気が含まれています。足や手で触れてホッとするのは、その空気による熱の伝わりにくさのおかげ。木のお椀に口をつけた時の感触を思い出してください。

そしてゆっくり家族や家ととも味わいを深めてゆきます。

ウッドワンの木は単なる木材ではありません。森を育てる心から生まれたサステナブルマテリアルなのです。オーガニックなイメージでキッチンや床、憧れのフルハイト型ドア、ウッドパネルなど、森林生まれのプロダクトでリノベーションを。そんなときはウッドワンを思い出してみてください。

ウッドワン

取材・文/本間美紀(キッチン&インテリアジャーナリスト)text=Miki Homma(Journalist)

インテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視。ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、執筆、セミナー、クリエイティブディレクションなどの活動を行う。早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社し、内外の家具、キッチン、建築家住宅の取材は300件以上、著書に「人生を変えるインテリアキッチン」「リアルキッチン&インテリア」(以上小学館)、「デザインキッチンの新しい選び方」

WOODONEプラザ新宿
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
リビングデザインセンターOZONE6階(名古屋、大阪にもショールームあり)
TEL: 050-9000-3406
営業: 10時30分〜18時30分(お電話は17時45分まで)
休日: 水曜、年末年始、盆休み
https://www.woodone.jp

PREV 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP