[PR] [PR]
Special Issue

A loving home

グレージュのキッチンでおうち時間
2020.12.18 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●「おうち時間」の大切さを痛感

夢の住まいは、コロナ禍中の8月下旬に完成しました。それまでずっと忙しかった家族が、ずっと家で過ごす。まさにベストタイミングでの新築でした。「それまでは仕事で遅かった主人が家で食事をし、娘との時間も増えた。それがお気に入りの空間ですから、本当に救われたような気持ちでした」とおうち時間の大切さを話してくれました。

「娘とは一緒にお菓子作りに挑戦したり、テーブルでたわいもない話を楽しみながらお茶を飲んだり、外で過ごせない分、わが家でできることがこんなにあるんだって思いました」と話してくれました。

Supported by kitchenhouse

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP