[PR] [PR]
Special Issue

A loving home

グレージュのキッチンでおうち時間
2020.12.18 キッチンジャーナリスト 本間美紀

My kitchenhouse 19》人気のコラボ連載「マイキッチンハウス」2020年シリーズの7回目です。

Supported by kitchenhouse

●夢に見たクリーンでシンプルな家

高校生のお嬢さんとご主人と暮らす、靖子さんの住まいは温かな光に満たされていました。

「娘も自分の世界を持つようになり、住まいの中心であるキッチン、リビング、ダイニングはグレーやベージュなど穏やかな色調で統一したいと思っていました」という靖子さんの言葉通り、グレージュベースの空間です。


キッチン、ダイニングテーブル、壁、床。よく見るとそれぞれ個性のある素材ですが、靖子さんの審美眼の中で一つのトーンに統一されていました。「キッチンハウス のショールームに行き、シンプルなデザインや色調がとても好みに合っていました。何よりキッチンハウス の方が非常に親切であったことも大きな決め手になりました」。

インテリアもキッチンも好みのイメージはふんわりとわかっている。でもそれを具体化してくれたことに感激したそうです。

扉材はエバルト「アッシュベージュ」、キッチンハウス独自のメラミン素材で、発色の美しさで知られています。ワークトップはクォーツストーン。自身で選んだイタリア製のテーブルの天板は、もやっと大きな模様の流れる“ケラミック”という新素材です。

リビングのソファはわずかにラベンダーのような色味を感じるグレー。インテリア素材のコーディネートから空間を考えた、まさに“インテリアキッチン”の王道をゆくような空間です。

NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP