[PR] [PR]
Special Issue

Multi place for the family

キッチン─家族がそれぞれの過ごし方で
2020.03.19 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●調理を超えて収納を考える

インテリアの素材コーディネートに関してはご主人に一任していた敦子さん。では彼女のこだわりはどこに? ということで伺ってみると……。「育児をしながら自宅で仕事をしています。料理や食事から、子どもの宿題を見たり、仕事の事務作業まで、すべてキッチンでするんです」。収納は料理だけではなく、日々の暮らしを整理して相談しました。

幅が3m60cm、高さが44cmの横長でスリムな食器棚には、お気に入りのティーカップや毎日使うものを。目の高さで出し入れできます。

調味料は入れ物を揃えてラベリング。ゴミ箱も仕分けのルールに合わせてブラックカラーのゴミ箱をネットで探して購入しました。ゴミ箱に黒……たしかにとてもお洒落で清潔感もあります。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP