[PR] [PR]
Special Issue

German house as it is 02

自然と暮らしをつなぐドイツの窓
2019.06.25 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●自然エネルギーの入り口は窓

夜が深まり始めると、彼女はもう少しスリットを開きました。すると紅色と藍色の交錯する空の色が、窓を通して室内を彩ります。そして窓の外に見える塔には、野鳥が住んでいるんだと話してくれました。ドイツの家や建築は、直線的でシンプルな場合が多いのですが、窓が大きく、外の景色を取りいれるためのような気がしています。壁紙や家具に強い装飾を求めません。これもドイツ人の考える「自然とつながる家」の仕組みの一つなのです。

彼女のアトリエを去る時に、建物を振り返ってみました。最上階の部屋からは温かい光が漏れています。その窓には外付けブラインドが備っていました。人の住まないビルだから、空調効率も大切なのでしょう。断熱性の高い厚い窓は無駄なエネルギーが逃げるのも防いでくれます。

外付けブラインドは、ドイツでは一般的な日よけ装置です。太陽の光は窓ガラスを通して室内に入ります。カーテンやインテリアブラインドで遮ったとしても、遮蔽する物そのものが熱を発生し室温が上がってしまいます。その点、外付けブラインドの場合、ブラインド自体も熱を持ちますが熱は屋外に放散されるので室温の上昇は最低限に抑えられ、日射エネルギーの約80%をカットします。

もちろん冬はスラットを開放して、陽の光をたっぷりと取り入れることができます。日射遮蔽と日射導入をコントロールし、眺望、通風、採光はそのままで、エネルギーロスを防ぐ、合理的な考え方が生かされています。

たとえばビルでは季節と陽の高さをプログラミングし、オートコントロールでスラットが開閉するシステムが主流だそうです。熱をカットして冷房の効率を高めたり、太陽光を間接光に変え照明の使用を控えることができたり、建物全体の空調や照明コストを下げ、自然のエネルギーを社会全体で活用しているのです。

PREV NEXT 1 2 3 4 5

Recommend

TOP