[PR] [PR]
Special Issue

ARIAFINA Rangehood

「アリアフィーナ」がいつもそこに
2019.01.18 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ついに出た アリアフィーナのIHクッキングヒーター

そしてアリアフィーナからは2018年の11月にIH クッキングヒーターが発売になりました。その理由を片寄さんは「レンジフードのアリアフィーナブランドが浸透していくにつれ、同じブランドで機器をトータルでそろえられないの?という声がよく上がるようになり、開発を意識し始めました」と話します。その第一弾として国内の大手家電メーカーと提携して、アリアフィーナブランドのIHクッキングヒーターを発売しました

漆黒の強化ガラスによるブラックフェイスパネルで、トッププレート周りにはごく薄いフレームを採用し、モダンなキッチンにすっきりと収まるデザインです。操作はピクトアイコンで、家族の誰が使っても直感的に操作できます。

アリアフィーナ の IHクッキングヒーター「A651H3BK」 厚さ70mmのスリムボディで、IH のすぐ下にも引き出しなどの収納が付けられます。29万円(税抜)

私が注目したのは国産ブランドならではの加熱機能。たとえば鍋の内部で交互に対流を起こす「対流煮込み加熱」。カレーや煮物など煮込み料理に味を染み込ませてくれます。そして揚げ物機能。はねた油も拭くだけなのでIHでの揚げ物はとても楽ですが、油の自動の温度設定がついていますから揚げ物がより手軽に。食べ盛りのお子さんが多い家庭などでは、とても便利ですよね。

アリアフィーナブランドは、レンジフードだけではなくこれからは多くの機種をラインナップしていくということで、とても楽しみです。

アリアフィーナ/日本では換気設備メーカーとして最大手の富士工業の関連会社。換気の技術で世界的な定評がある、イタリアのエリカ社と提携して生み出すレンジフードは、日本のデザインキッチンの人気モデルに。

取材・文/本間美紀 Reported by Miki Homma/journalist

リアルキッチン&インテリア著者 早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

アリアフィーナ
TEL:042-753-5340
www.ariafina.jp

PREV 1 2 3 4 5

Recommend

TOP