[PR] [PR]
Special Issue

My kitchenhouse 01

レトロ空間にツートーンキッチン
2018.03.10 キッチンジャーナリスト 本間美紀

《My kitchenhouse01》 

●レトロなマンションに心惹かれて

都内の閑静な住宅地に佇む、レトロな低層マンション。そこが京子さんとご主人、息子さんの3人が暮らす住まいです。「海の見える横浜の街に住んでいましたが、仕事は都心。いつかは都内に移り住むから、子どもが小学校に上がる前のタイミングで」マンションを探し、リノベーションに踏み切ったそうです。

キッチンハウスのキッチン。壁側のバックセットの扉材はホワイト。カウンターはエバルト(ロックグレー)、木目はナチュラルプラムという色を選んでいます。

”ヴィンテージマンション’’というキーワードで検索したこの部屋は、夫婦のイメージにぴったりでした。「窓も大きくて床はカーペット敷き。木の造りつけの収納やドアが丁寧に作られていて、前オーナーの美意識も感じられた」そうです。リノベーションは「キッチン、お風呂、トイレ、廊下と収納」と主に水回りを中心に計画しました。キッチンはカスタムキッチンの人気ブランド・キッチンハウスを選びました。今回はマンションのレトロな空間の雰囲気と、ダイニングやリビングの北欧ヴィンテージ家具のイメージに揃えたツートーン。濃い木目と白のバランスは二人で考えたアイディアです。


ご主人いわく「実は前のマンションでも改装をしていて、キッチンハウスは一度使っているんです。元はよくあるシステムキッチンが入っていたんですが、紹介でキッチンハウスのショールームに行ってみたら、色や形を好きに組み合わせられて、カスタムメイドというプロセスが何より楽しかったんです」と話します。

「リビングやダイニングが絨毯敷きだったのも、レトロ感があって好きでした」という京子さん。キッチン部分の床はグレーのセラミックタイルにしています。
NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP