[PR] [PR]
Special Issue

Re*blanc order kitchen

浜松で手に入る世界のデザイン
2021.07.26 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●地元で長く愛される理由

リブランにはデザインだけではない強みがあります。新築マンションへの納入やマンションのリノベーションなど、かつてはマンション設計施工の現場を見てきたゼネコンマンだった大塚さんならではの強みです。

マンション全体の構造や仕組みをつくってきた経験が役に立っています。リノベーションも技術的な部分をクリアできるから、インテリア、間取りなどソフト部分に注力できるんです。また社員全員、大手住宅設備メーカーの製品や建材の納入実績があるので、現場に即した判断やこだわるべきところとコストダウンすべきところの提案も的確です。採寸も正確ですし、サイズ決定なども細かいところまでしっかりと目を配っています」

リアルキッチン&リノベーション」にも掲載されている、リブランのリノベーション例。「浜松にはあまりオーダーキッチン会社がないなか、以前から気になっていたショールームをのぞいた際に気に入ったモデルをアレンジ」してつくったというキッチン。

地元密着の企業は信頼が大事です。リブランはアフターケア専門のスタッフが常駐していて、定期検診はもちろん、施工後のメンテナンスにも対応しています。また海外ブランドの製品は地方ではアフターケアの心配もありますが、独自の「住宅設備機器あんしん10年保証」があり、好きなブランドを安心してキッチンに取り入れられるようになっています。

「静岡県は東西に長く、意外と細かくライフスタイルが分かれています。静岡のなかでも東京に近い三島・沼津、中央に位置する静岡、そして浜松と、エリアで好みが変わります。特に県西部の浜松は木や自然素材が人気です。地元の天龍材を着色したオリジナルキッチンも開発していますよ」(大塚さん)。

リブランでは世界のデザインを取り入れながらも、若い家族から高齢者まで地元のニーズに対応したキッチンを得意としています。対応エリアは浜松を中心に静岡、三島、豊橋など。インテリアキッチンの人気は全国に広がっていることを感じました。

 

撮影=今井義朗

取材・文/本間美紀(キッチン&インテリアジャーナリスト)text=Miki Homma(Journalist)

インテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視。ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、執筆、セミナー、クリエイティブディレクションなどの活動を行う。早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社し、内外の家具、キッチン、建築家住宅の取材は300件以上、著書に「人生を変えるインテリアキッチン」「リアルキッチン&インテリア」(以上小学館)、「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)

Re*blanc リブラン
静岡県浜松市東区有玉西町2414-2
TEL:053-472-3550
営業:10時~17時30分
休日: 水曜、GW、夏季休暇、年末年始
https://www.reblanc.com/

PREV 1 2 3 4 5 6

Recommend

TOP