[PR] [PR]
Special Issue

Bosch IH cooking heater

料理を彩る新感覚のIH
2021.07.26 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●ボッシュから最新IHクッキングヒーター

ドイツ・ボッシュから最新IHクッキングヒーター(PXE645FC5V)が登場しました。これは日本の輸入元、ジープレイスがドイツ本社の数ある製品の中から、「日本の暮らしに合う機種はどれだろうか?」と熟考して選び発売に踏み切ったという、想いのこもったモデルです。IHクッキングヒーターと食器洗い機を搭載した、ボッシュのショールーム(東京・浜町)で、同社広報の川崎千香さんが素敵な説明をしてくれました。白いキッチンにすっきり機器が収まって、クリーンな感じです。

「料理って単純に加熱するだけではなく、いろんな温度調整や段取りがあります。これまではそれらを火加減や湯煎の具合、レンジやオーブンといった家電を併用してこなしていたと思います。ですが道具って自分の感覚に馴染むまでが難しい。そのことが、本当はもっと楽しい料理を煩雑にしてしまったのではないでしょうか? このIHクッキングヒーターは幅60cmのなかで直感的に多様な料理ができるように考えられています」と川崎さん。

IHクッキングヒーター「PXE645FC5V」32万4,500円 吹きこぼれも広がらないフレーム付きのタイプ。強火のグリルから湯煎まで17段階の加熱ができる。

最新IHの大きな特徴は次の3つ。
1 パワーブーストはヒーターの火力を一気に50%アップ。最大火力よりも強いパワーでお湯がみるみるうちに沸いてきます。
 フレックスゾーンを含む4サイズのヒーター。
 さらに新感覚のフライパンセンサーです。

特に後者2つの機能は、便利というだけではなく「日々の料理に彩りを与えてくれる」機能です。早速紹介していきましょう。

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP