[PR] [PR]
Special Issue

Valcucine for sustainability

自然から生まれて還るアートなキッチン
2020.07.22 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●サステナブルな理由2 芸術と文化を生かし守る

工芸的な装飾で個性をプラス シンプルなデザインの本体に銅やモザイクストーン、石細工、象嵌などのパーツをプラスできます。これはイタリアの各地に残る手工芸の文化を生かし守るという、文化の「サステナブル」思想の賜物です。

代表モデル「ジーニアスロッチ」

石や金属、木材で組まれた古代のローマ建築も思わせる重厚なデザイン。キッチンの一部にはイタリアの工芸品をパーツとして埋め込むことができます。鍛金細工、モザイク、象嵌、木彫刻などとてもアーティスティック。

ブロンズやチタン、真鍮を加工してキッチンのデコレーションに応用。

「イタリアには素晴らしい工芸が各地に残っている。私はできる限り、工房に足を運び、彼らの芸術を取り入れたいと思っています」とはチェンタッソ氏の言葉です。

天然石を砕いた象嵌細工や大理石のモザイク、木材など、見とれてしまう美しさ。

バルクッチーネでは社内で読書や社員同士の会話も推奨されていて、芸術へ関心を持ち知性を磨き、感情豊かな人材を育てています。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP