[PR] [PR]
Special Issue

Bathroom architecture

ドンブラハ ─ 建築と調和を目指して
2019.04.05 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●洗面水栓「メタ」─ ポイントカラーの意味とは?

金属メッキの品のある輝きを誇る一方で、リニューアルされた洗面水栓「メタ シリーズ」ではマットカラーがラインナップされました。細いレバーだけのミニマリスティックなフォルムですが、操作部分に技術的な改良を施し、よりハンドルがスムーズに動くようになりました。

カラーリングは3つのスキームから選べるようになっています。新鮮だったのは「ファッションコレクション」のイエローやライトピンク、ペールピンク、グレイブルー。最近の水栓になかった色合いです。「アーキテクチュラルコレクション」や「アーバンコレクション」はグレイッシュやブラウン、マットブラックなどシックな色合いです。

ファッションシリーズはかなり個性的な色のように思えるので「どういったシーンで使うことができるのですか」とドンブラハ のマーケティング担当者に聞いてみると「洗面空間の素材と合わせながらアクセントカラーとするのがおすすめ」とその使用例の写真を見せてくれました。

ラタンのような天然素材扉のキャビネットに、グレイッシュな洗面家具。全体は直線的なモダンなデザインです。その中でイエローをアクセントにした例です。

そして私から付け加えたいのは、ドンブラハ は本来ドイツでは、スパをベースにした水回り空間を総合的にプロデュースしているメーカーであるということです。日本には温泉という独自の文化があるため、あまり普及していませんが、ドイツ独自のサウナやシャワー、バスのシステムをいつも追求しています。日本で手にすることができるのはあくまでもその世界の一部なのですが、それでもその深い哲学を感じさせてくれます。

PREV NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP