[PR]
Special Issue

Heart of the house

玉手箱みたいなわが家の主
2018.11.26 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●にぎやかなキッチンの道具たち

知秋さんの真っ黒なキッチンを彩るのが、長年集めてきて愛用してきた道具たち。中央にある丸い木のプレートはまるでキッチンの主。料理する知秋さんや子どもたちをじっと見つめているようです。黒いキッチンはこんな風合いのあるものを置くと道具が映えます。「古道具屋さんで見つけたもので、たしか英国製です。鍋敷きにされたり、プレートにされたり、結構酷使されてますよ(笑)」と知秋さん。

料理上手な知秋さんのキッチンには収納の工夫がいっぱい。まるで玉手箱のよう!「3人の育児で手がかかり、仕事もしていますので、毎日の料理が片付けまでテキパキ行くように、何をどう使うかあらかじめ考えました。キッチンハウスのプランナーさんが上手に希望をキッチンに落とし込んでくれました」。

たとえばガス周り。浅くて細い引き出しがガスコンロの両脇から飛び出します。ガラス容器にいれた調味料が収められ、さっと味付けができます。知秋さんのアイディアをキッチンハウスが形にしたものです。

シンク側の収納も透明容器を上手に使い、上から何の調味料が一目でわかるようになっています。こちらは深さがあるので、大きなタッパーやクロスをたたんで収めることもできます。

PREV NEXT 1 2 3

Recommend

TOP