KITCHEN

INTERIOR KITCHEN28

このキッチンならもっと一緒に[前編]
2020.07.01 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●夜はできるだけ一緒にご飯を

──キッチンではどのように過ごしているんですか?

「共働きなので週末や平日の夜はできるだけ一緒に家で食事をします。夫は手際がよくて、すべて任せることも多いですね。料理ができたときには片づいています」(妻)

「二人で料理しても、動線がぶつからなくていいです。僕はカレーをスパイスからつくったり、妻はタイで料理の教室に行ったり、料理は二人とも凝りますよ」(夫)

 

──ダイニングの家具はどう決めていきましたか?

「木ということは決まっていましたが、ナチュラルな感じというよりも、自然の力を感じるので、イタリアのリーバ社の無垢のオーク材のテーブルをどんと置きました」(夫)

「セブンチェアとYチェアは、インテリア初心者の私が選びました」(妻)

「おいおいそれだけはないだろ(笑)、とジャスパー・モリソンがデザインしたカッペリーニと深澤直人のマルニ木工の椅子を僕が選びました。削ぎ落とした姿が好きです」(夫)

「デザイナーの名前やテイストをヒントにして椅子を選んだことなんて、私はなかったです。やっと選べたものは、夫が呆れるほど超定番の名作だったみたいです(笑)」(妻)

それぞれが違う椅子なのに調和しているのは、まるで二人の姿そのまま。かっこいいのにどこかホッとする。それが二人のキッチン&インテリアです。

 

「後編 ディテール編」に続きます

以上「人生を変えるインテリアキッチン」(著:本間美紀/小学館)より。

写真:金子美由紀

単行本『人生を変えるINTERIOR KITCHEN』(小学館)

定価本体1600円+税 B5判/144ページ
著/本間美紀

ためし読みはこちら
書店・ネット書店でのご購入はこちら
(好評につきamazonでは品薄になることもございます。上記リンクにあるそれ以外の書店・ネット書店でお買い求めください)。


本間美紀 
Miki HommaJournalist

早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「人生を変えるインテリアキッチン」(小学館)、「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

 

オーダーキッチンの人気ブランド、「リネアタラーラ」についてはこちらに詳しい記事があります。
The order kitchen リネアタラーラ

記事に登場のキッチン:Linea Talara(オーダーキッチン)
IH クッキングヒーターとガスコンロ:Rinnnnai 「マイチョイス」(ドミノ式コンロ)
食器洗い機:Miele(ミーレ)/ドイツ 販売元=ミーレ・ジャパン
ワークトップ:エコプリモ 販売元=コンフォート
レンジフード:アリアフィーナ

水栓金具:KWC(ケーダブルシー)/スイス 販売元=セラトレーディング

ダイニングチェア:ヒロシマ メーカー=マルニ木工
ダイニングチェア:セブンチェア メーカー=フリッツハンセン
ダイニングチェア:Yチェア メーカー=カールハンセン&サン
ダイニングテーブル:RIVA1920 販売元=アルフレックスジャパン

住宅設計=住友林業

REALKITCHEN&INTERIOR
キッチン&インテリアのジャーナリスト本間美紀が監修、編集執筆するテーマムック。年に1冊のペースで2019年までにSeason8を刊行。憧れキッチンはインテリアから考える─をテーマに、これまでの日本のキッチンの常識を変える考え方やキッチン実例を紹介しています。

※掲載写真の一部はウェブ用に再セレクトし、理解しやすさを優先して編集しています。実際の単行本とは違う場合があります。ご了解ください。

「人生を変えるINTERIOR KITCHEN」
定価:本体1600円+税
発売日:2019/6/27
判型/頁:B5判/144頁
ISBN :9784093108942
発行:小学館

PREV 1 2 3

Recommend

TOP