KITCHEN

System kitchen 01

大手住宅設備メーカーの新キッチン01
2018.03.26 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●キッチン周りの設備機能もリフレッシュ

さて、発表会で驚いたのはこちら。ガスとIHのハイブリッドが一体になったコンロ「デュアルシェフ」。ハイカロリーバーナー、フリーゾーンIHが使い分けられます。炒め物に煮込み、、、と熱源を使い分ける料理スタイルが加速しそうですね。

レンジフードも上から吊るすのではなく、吸い込み口が傾斜したスラントタイプが選べるようになりました。「バジェーナ」という名前だそうです。

そして今回のもう一つの大きなニュースはミーレなど、海外の食器洗い機やオーブンにも対応できるようになったこと。これまで日本の住宅設備機器メーカーのシステムキッチンと言われるものには選べなかったので、大きな変化です。

個人的には「S.S.」はベーシックで安定した「安心感ある」デザインで、多くの住宅で定番だったので、全くなくなってしまうのはちょっと寂しい限り。それにしても長く親しまれた商品だったために、切り替えというのは大胆な決断だと思いました。

扉材の前面に注目。ツルッツルのステンレス。ひとが映り込んでいます。このステンレスがクリナップの持ち味とも言えましたが、さらにそこだけではない多様な方向性を目指すようです。

 

クリナップの「セントロ」の発表会のすぐ後にはリクシルの発表会もありました。続きは次回に。

取材・文 本間美紀/早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

 

PREV 1 2 3 4

Recommend

TOP