[PR] [PR]
Special Issue

Emile Henry 02ーCOLOR MAGIC

キッチン&テーブルに温かな色
2016.03.30 本間美紀

フランスの耐熱食器、エミール・アンリのおはなしの2回目です。

前回はこちらから。

●キッチンインテリアになじむ色

エミール・アンリの食器、250度までの耐熱でぐらぐら、熱々料理を楽しめます。機能性だけではなく、わたしが注目したのは、かわいい色! 社長のジャン-バプティスタ・アンリさんが、バイヤーさんと色を決める特別なお部屋に案内してくれました。

おお! ずらりと並んだ色、色、色のサンプル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「耐熱陶器でこれだけの色を用意できるメーカーは、世界でも少ないんですよ」とジャン-バプティスタさん。その時々の要望や時代にあわせて、よく出る色や、まったく動かない色がありますが、色は廃番にすることはありません。だから昔から変わらない色もありますよ」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天然の石英と釉薬を溶かして作る色で、パスティスイエロー(南フランスで飲まれる黄色のお酒)、ミエル(濃厚な蜂蜜のようなとろりとした茶色)、アズールブルー(紋章などに使われる紺碧)、、、意外な人気はライトグリーンだそうです。そしてフランス人がエミール・アンリと聞いて思い浮かぶシンボリックな色はやっぱり「赤」だそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP