TOPICS

Milano supersalone02

スーパーサローネで見た家具ブランド
2021.09.23 キッチンジャーナリスト 本間美紀

ミラノ・スーパーサローネ 第3回目/前回はこちらから

Reported by Miki Homma ( journalist)

●スーパーサローネ、ギャラリー展示が次々に

今回は日本でも知られているブランドのスーパーサローネ会場での各ブランドの様子を紹介します。今回はブース形式ではなく、奥行3mに限定したギャラリー形式に全社が統一した、今年限りの展示形式が見どころです。

【minotti】ミノッティはロドルフォ・ドルドーニやガムフラテシィの製品を発表長いブースでこのソファのスッと伸びた直線的な美しさに、改めて気づきました。従来のコーディネートブースでは、このプロポーションに気づかなかったかもしれません。ギャラリー形式の良さが出た展示でした。

【kartell】毎年、ミラノサローネではもっとも華やかな展示で知られますが、今年は歴代のプロダクトをシンプルに展示。特に透明の製品は、見た目にはわかりませんが、ポリカーボネート樹脂を、環境に負荷を与えないセルロース系樹脂という新素材にチェンジし、製造開発のプロセスをサステナブルの方向へ転換しています。フラッグシップストアの様子も後日報告します。

【poliform】ポリフォルムは50周年を迎え、リツォーリから刊行された社史本からのビジュアルを会場で放映。同社に限らず映像をつかったプレゼンテーションも多く、展示はミュージアムスタイルとシアタースタイルに大別された印象。ジャンマリーマッソーの「Le Club」に絞って、象徴的に並べていました。

NEXT 1 2

Recommend

TOP