TOPICS

Milano moves to 2021

ミラノサローネ─未来への延期 前編
2020.04.01 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●未来へ向けての延期ーコロナ直前の現地取材より

Reported by Miki Homma (journalist)

ミラノ国際家具見本市の2021年への延期が3月27日に発表になりました。新日程は2021年の4月13日から。パワーを貯めて家具、キッチン、照明が一度に開催される、これまでにもこの先にもないだろう1度限りの一大イベントなるとの発表です。

「SNSでいろんな噂が広がっていますが、中止というふうに思わないでほしい」。そんなメールが私の元に、ミラノサローネ公式事務局の広報担当者から届いたのは3月27日の夕方。ミラノの金融新聞がすっぱ抜いた‘’ミラノサローネ中止‘’の記事が、日本のSNSでも次々とシェアされていたころです。マルバ・グリフィン氏をはじめとするミラノサローネ広報チームによると、主催者は最後まで可能性を探っていましたが、世界の健康と人命を優先した決断を下したということです。

コロナ直前の2020年2月に私は現地・ミラノでミラノ国際家具見本市のプレス発表に参加、および何人かの要人にインタビューを行っていました。本来今年のサローネはここまで準備ができていて、来年に向けてパワーをためている、という状況をできる限りお伝えしたいと思います。

次は公式プレスリリースの内容を紹介します。

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP