TOPICS

ambiente2020 03

’’マイボトル’’はファッション
2020.03.02 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●金属が多いドイツのマイボトル

デンマークのマイボトルがファッション志向なら、ドイツはやはり質実剛健。WMFのマイボトルはフタがコップになるというもの。保冷性があるので温かい飲み物だけではなく、フレッシュハーブやキューカンバー、柑橘類などを浸してフレーバーウォーターを持ち歩く人もいます。

リアルキッチン&インテリア読者の間でシンプルな魔法瓶として知られるアルフィ からも、シックなメタリックカラーが。

日本でもコンビニエンスストアで安く手軽に美味しいコーヒーが飲めるようになってきましたが、その度に紙コップとフタを使い捨てます。ちょっと胸が痛む瞬間ですよね。マイボトルを持つことは環境意識が高いのではなく、もはや当たり前。

一方で個人がそれぞれボトルを持つようになると、数も増えます。日本でもキッチンの収納の取材をしていると、家族分の水筒が多くて収めきれない、、、という声も聞かれます。何事も行き過ぎないように心したいものです。

ambienteレポート02

その4に続く

取材・文/本間美紀 Miki HommaJournalist

早稲田大学第一文学部卒業後、インテリアの専門誌「室内」編集部に入社。独立後はインテリア視点からのキッチン、家具、住まい、家電、キッチンツールまで、デザインのある暮らしの取材を得意とし、建築家住宅の取材は300件以上、ユーザーとメーカー、両サイドからのインタビューを重視し、ドイツ、イタリア、北欧など海外取材も多く、セミナー活動も増えている。著書に「人生を変えるインテリアキッチン」(小学館)、「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)「リアルキッチン&インテリア」(小学館)

 

 

アンビエンテ国際消費財見本市
次回会期:2021年2月19日~23日
会場:ドイツ・フランクフルト国際見本市会場
視察出展問い合わせ:メッセフランクフルトジャパン TEL03-3262-8444
www.ambiente.messefrankfurt.com/

PREV 1 2

Recommend

TOP