TOPICS

Heimtextil 2020

ハイムテキスタイル来年は50周年
2019.12.06 キッチンジャーナリスト 本間美紀

●1月7日からハイムテキスタイル開幕!

年明けすぐの1月7日からドイツ・フランクフルトメッセで「ハイムテキスタイル」が開催されます。世界最大級のインテリアテキスタイルの見本市です。2020年に50回目を迎え、記念パーティや力の入ったトレンドブースの設置など、ここ数年にない力の入った回になりそうです。

カーテンやカーペット、ベッドリネンやタオル、ホームウェアなど家庭やホテルで使われるものはもちろんですが、部屋のパーティションになるような質感豊かな布、屋外で使える耐候性のある生地など、これまでの常識を超える素材が増えているのが特徴です。またテキスタイル開発のためのグラフィックやデザインを発表するクリエイターやデザインスタジオも集まります。

昨年の実績では出店者数は3016社(65カ国/うち日本12社)、来場者数は6万7216名で、156カ国から集まります。最近はインドやトルコ、中国からの出展来場が目立っています。

この見本市のアンバサダーであるテキスタイルクリエイターの南村弾さんは「かつては布製品は大量発注が基本でしたが、ハイムテキスタイルでは多品種を少量生産の体制を整え、クライアントの求めるカスタムメイドを受ける企業が増えています。これはインテリアの世界でも、自分らしいもの、高品質のものを求めるようになったことが背景にあります。ホームテキスタイルもファッションのようにクチュールメイドの時代が来るかもしれません」と話します。

 

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP