TOPICS

REAL KITCHEN & INTERIOR

リアルキッチンができるまで【後編】
2018.03.16 田中 裕美子 (REAL KITCHEN & INTERIOR PR)

●リアルキッチン&インテリアはなぜ生まれたのか

新視点のインタビュー記事・後編です。本書のPR担当の田中裕美子が迫るリアルキッチン&インテリアの秘話。本間美紀と本書アートディレクターの宮本理希(dynamite brothers syndicate)の2人が受けたインタビュー続きです。

田中:まず、リアルキッチンがうまれた経緯について教えてください。

本間:夢と憧れ、見たこともないキッチンだけを扱う本があってもいいのではという思いからです。それまでキッチンの特集といえば、『てきぱき導線』や『たっぷり収納』という家事目線、生活実用情報とコストで語られることがほとんどでした。でも、キッチンにも住み手のストーリーがあり、そのストーリーを映画のような見せ方をしたいと思ったのがきっかけでした。

田中:写真の撮り方も実用的な本とは全く違いますね。最初にイメージされたという洋書のような感じですが、日本の暮らしのリアルも伝わってきます。

本間:フォトグラファーの皆さんの力も大きいです。岡村享則(ゆきのり)さん、金子美由紀さん(nacasa&partners)、白谷賢さん(大阪担当)、今井義朗さん(東海担当)たち、”リアルキッチンフォトグラファー”の皆さんと試行錯誤しながら、現場で心を一つにしてドキュメンタリー撮影のような取材スタイルを確立しました。建築写真だけでもなく、雰囲気写真だけでもなく、その中間の要素で、住む人のストーリーを現場で切り取ってゆくのです。

NEXT 1 2 3 4

Recommend

TOP