[PR] [PR]
Special Issue

SieMatic Nagoya

ジーマティック名古屋の見どころ
2018.12.11 キッチンジャーナリスト 本間美紀

名古屋マダム好み?のクラシック

ジーマティック名古屋を取材させていただいている間、とくに華やいでいたなと思うのが、こちらのモデル。素敵なマダム達が扉を閉めたり開いたり、注目を集めている様子でした。ここはリニューアルに際して増床した65平米のコーディネートルーム(クラッシックタイプ)。

こちらは素材を豊かに配して、かなり大胆なクラシックテイストに。小口が割れ肌になった大理石(ビアンコカララ)のワークトップ。ここにゴールドブロンズのフレーム+ガラスドア。マット塗装アンブラ色の扉材がシックにキッチンデザインを引き締めます。

もちろん扉の裏にはジーマティック独自の「マルチマチィック」パーツで、スパイスラックやペーパーホルダーを備えることができます。

そしてここでも遠目で見ることを忘れないでくださいね。ソファ、ダイニング、キッチンがつながる中、素材が響き合います。

PREV NEXT 1 2 3

Recommend

TOP